読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガンダムオンラインのススメ

身内向けガンオン解説

この06Rは高機動じゃ無い

 ガンオンの話なので告知通りに久しぶりにこちらでやります
 向こうは真面目な話が多いので、面倒ですがご了承ください
 知っての通り他ゲーに夢中で、ほぼろくにプレイしてないので、噛みあわない部分は無視してください



■ マツナガ専用高機動型ザク

 ことの起りは数日前に知人から「R-1来るってさ」と連絡を受けた事に始まります
 マツナガ06Rが来るなら以前の宣言通りにチョイと数年振りに課金して一瞬復帰するしか無いわけです
 何せ自分はMS-06Rが大好きなのでR-1型がやってきたら、5万とか余裕でぶち込んじゃう気満々な頭の弱い人間なのです
 既に3SとR2を持っているので是非三機並べて爆死してみたいのですよ

 で、早速公式に行ったわけなのですが…

f:id:luftspiegelung:20160430225749j:plain


 突込みどころが多すぎるので順番に行きます
 まあ、まず「MS-06R-1A」ってところ、R-1じゃないのか・・・
 まあいいです、見た目同じですしね
 R-1Aなら高機動型ザク改と略しても良いでしょう
 高機動型ザク改良型だとフォントサイズ的に辛そうですしね
 マツナガの06-Rは諸説あって、

MS-06R-1(機体ナンバー573)
 大元の奴で、今ではR-1と呼ばれている機体で初期型、機体ナンバーは573
 右肩のスリットや、内臓式の脚部プロペラントタンクが特徴

MS-06R-1A(機体ナンバー573)
 R-1を改修してエンジン等をノーマルR-1Aと同等にした機体らしい、プラモデルの
 マスターグレード MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザク Ver.2.0などを参考にしてもらうとわかりますが、脚部のプロペラントタンクが直方体でR-1と同じ
 見た目的にはR-1と差別化できない

MS-06R-1A(機体ナンバー23)
 両肩がスパイクアーマーのタイプで、ナンバー573の代替機と言うことになってるらしい
 こちらの脚部はよく知られているR-1Aと同じように、脚部プロペラントタンクが円筒形のカートリッジ式になっている

 詳細が知りたい方は、お手持ちの資料を見るか画像検索なんかで調べてください
 現在ではマツナガは06-Rを二機持っていたことになっており、色々と諸説があるみたいなのですが、そんなことはどうでもいい

 どうでもいいのだ!これはなんだ!!

f:id:luftspiegelung:20160430225750j:plain

f:id:luftspiegelung:20160430225751j:plain



 外装がR-1型なのに脚部タンクが円筒形のタイプなんてマツナガ乗ってねえよ!
 それ、昔バンダイが手ぇ抜いて発売した商品のマツナガ06Rだよ!

 脚部タンクのモデリングすら出来ない程金が無いのか!!
 だったら、コピペでドズルザクの肩持って来てナンバー23にしろよ!
 3Sのテクスチャ変えただけじゃねえのか?コレ!

 しかも…

f:id:luftspiegelung:20160430225752j:plain


 「重撃(じゅうげき)」   (´`ll)

 重撃だよ!重いよ!遅いよ!高機動じゃないよ!

 何のための06Rなんだよ!

 普通のザクより高機動なんだよ!

 FSなんかより全然高機動なんだよ!

 いっぱい付いたノズルは飾りじゃねえよ!

 ジオンのエースパイロットが取り合いになった名機体なんだよ!

 トンチキ格闘とかはドワッジ改にでも付けとけよ!

 こんなの06Rじゃねぇー!!

 ってな訳で、底まで回す為に用意した現金を突っ込むどころか、死んだ魚の目になって、ガンオンの為に欠席するはずだった飲み会に急遽乱入してクダを巻く始末
 いい年をした大人が最低のGWを過ごしている訳ですが、まあ、許してください
 俺がこのゲームに最後に期待していた06Rのマツナガ機までこの始末

 別に強機体じゃくっても良かった、何かのおまけ的な機体で十分だったのに
 R2よりも機動力が多少落ちて、テンプレ装備しか持ってないバズ格機程度の06R-1でも満足だったのです
 それが、こんな糞06Rになるとは夢にも思いませんでした、超ガッカリ

 これなら、マジでドズルザクの肩コピーして代替機のナンバー23でいいじゃんね
 あっちは肩に盾ついて無いんだから重撃っぽいし

 しかしまぁ、どうしてココの運営は昔からの人気機体に泥を塗って、糞みたいなゲームのどうでもいい機体を持ち上げるのか理解に苦しみますね
 人気モノは妬ましいので糞を塗りたくるというのが運営の方針なのでしょうか

 とりあえず、自分の一年戦争はこれにて完全終了
 使う予定だった金は全て酒代にしてクダをまく所存でございます
 

 まあ、正直に言うと近年映画化までした関連会社の看板作品に思い切り泥をぶっかけるとか、自分の経験だとすり合わせの時に「自由にやってくれ」と言われていても恐ろしくて二の足を踏んでしまうわけですが、この会社のこの胆力にはちょっと感心します

 価値のある素材や、価値のあるコンテンツに徹底して泥をぶっかけるスタイル、そして、それがグループ的に容認されているとは、単一ベースコンテンツを巨大なグループ産業で回しているのにフリーダム過ぎて逆に凄い
 それが、ベースコンテンツにとって中長期的なメリットになっているかは別問題ですが、それが許されている風土はちょっと尊敬しますね


 その辺の考察については、向こうで書きましょう


今回は、時間も無くなって来たのでこの辺で
GW中にアルコールから立ち直っていたら、後一回やる予定です
まあ、酔っ払いの愚痴なんで流してやってください


 「夢を見たよ、白の06R-1で飛び回り、百式に蚊トンボの様に撃墜される楽しい夢さ」


 所詮、夢だった onz

広告を非表示にする